女性の転職!理想のワークライフバランスを目指すための転職ポイントまとめ

女性には「結婚・出産・育児」とライフステージが大きく変わるため、女性転職は男性の転職よりも難しいといわれています。

しかしライフステージに応じた働き方を実現すべく、転職を希望する女性は日々増え続けています。

その中で、女性が理想のワークライフバランスを実現し、長く社会に貢献していくための転職ポイントをまとめました。

企業が求める女性求職者から年代別ポイント、キャリアを広げる可能性を持つ資格まで様々な角度から女性の転職について考えていきましょう。

女性が転職したいと思う理由

女性が転職したいと思う理由はさまざまですが、転職を考えるタイミングは皆さん似ているのではないでしょうか。

女性は結婚や出産、子育てなどでライフスタイルが変わりやすいです。その時々で必要とする生活環境が変わります。ここでは、それぞれのタイミングで転職したいと思う理由について紹介します。

出産・子育ての制度が整っていない

産休は、産前休業と産後休業のことを指し、厚生労働省が定めた必ず休まなければならない期間のため、誰でも取得することができます。

しかし、育休と呼ばれている育児休業は、会社に申し出なければ取得できません。近年、共働きが主流となり出産後も働き続ける女性が増えていますが、いまだに育休を取得できずに退職を余儀なくされている女性や、申請する雰囲気ではない会社に落胆する男性がいるため、社会問題となっています。結婚を機に妊娠を考えている女性は、産休育休制度を問題なく申請できる企業へ転職したいと考えることは自然なことです。

ワークライフバランスを保ちたい

誰しもが仕事とプライベートを両立させ、ワークライフバランスを保ちたいと思っているでしょう。

仕事が趣味という人には無縁な悩みかもしれませんが、そうでない人は、仕事に時間を取られ、プライベートな時間を確保することが難しく、趣味を見つけることすらできないと、不満を持っても仕方ないです。子供がいる場合は、仕事と家事、育児で、あっという間に一日が過ぎていき「やりたいことの半分もできなかった」というようなこともあります。どちらにしても仕事中心の生活では、どうにか時間を作りたい、心に余裕を持ちたいと思ってしまいます。転職することで、仕事の負担を減らしたり通勤時間を短縮したりすることで、時間を作り出そうとする女性は多いでしょう。

パートナーの転勤についていく

結婚後に夫の転勤が決まると、大多数の女性は夫の転勤を理由に退職していると思います。女性は家庭を守り、男性が家族を守るという傾向は、今も根強く残っていますのでパートナーの転勤を機に転職を検討する女性は多いです。

人間関係がよくない

職場の人間関係が良くないと、居心地が悪いだけでなく、精神的ストレスも非常に高いです。仕事を効率的に行うためには、周りのスタッフとのコミュニケーションをとることが非常に大切ですが、人間関係が良くないと意思疎通がうまく取れないために、仕事の効率が下がり、残業が増える可能性もあります。また、自分の体調不良や子供の発熱で急遽休んだり、早退したりと、家庭の事情を理解してもらうことも難しいでしょう。多少の気負いはしても、休ませてほしいと言いやすい環境は非常に魅力的です。働きやすさや居心地の良さを求めて、人間関係が良い職場への転職を検討することは、珍しいことではありません。

やりがいのある仕事に就きたい

女性に偏見をもつ企業は少なからず存在し、やりがいのある仕事を任せてもらえず、転職を考える女性はいると思います。
「既婚女性はそのうち妊娠する」
「子供がいる女性は突然休んだりする」
といったことから、企業の方針で出世から遠ざけたり、大きな仕事は任せられないと判断されたりすることがあります。結婚していても、子育て中でもやりがいのある仕事に就きたいと考える女性が増えてきました。そのような女性は、ライフスタイルの変化に理解のある企業へ転職を考える傾向にあります。

企業が求める女性求職者

企業にとって人材は企業の将来性が決まる要素の1つであり、優秀な人材を集めることは企業の成長につながる重要なことです。

ここでは企業が女性求職者を採用するにあたって重要視する点について紹介します。

長期的に働くビジョン

女性はライフステージが変わると共に、働き方を変えざるを得ない状況になりやすいです。結婚や出産、子育てなど生活環境が変わっても働き続けるビジョンが描けているか、自分のスキルアップを考えているかなど重要なポイントとなります。必要な資格やスキルを身につけ、産休や育休の復帰後も休職前と同様のパフォーマンスを維持できるようにするなど、仕事を続けるために積極的に取り組む姿勢を示すことは、企業にとって印象が良いです。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは管理する能力のことです。女性に限らず、複数の業務を同時に管理したり、チームのリーダーとして部下の仕事を管理したりする能力が高いことは企業にとって魅力的なスキルです。女性はライフステージの変化によって、働き方や職場が変わりやすいですが、身につけたマネジメントスキルは職場や立場に関わらず発揮できます。例え、チームリーダーではなかったとしても、部下に全体把握ができる人材がいることは、業務を行う上で非常にメリットが高く、企業としては貴重な戦力となるでしょう。

コミュニケーションスキルが高く順応性・協調性がある

企業はコミュニケーションスキルを非常に重要視しています。周りの状況や相手の立場に合わせられる順応性や協調性があると、仕事を円滑に進められるため、重要なビジネススキルの1つです。その人がいるだけで、周りの雰囲気が和み意見交換が活発になりやすいといった効果を発揮できる人は、企業にとって貴重な人材です。

会社への貢献度が高い

企業が求職者に求めるものは「どれだけ会社に貢献し利益を生み出せるか」です。年齢を重ねるほど会社への貢献度は求められます。企業は社員に給与を支払わなければなりませんので、利益を生み出すスキルのある人材は重要です。その他にも、利益を生み出す人材を育成するスキルなど、直接利益を生み出さなくても何らかの形で企業に貢献できる人材を求めています。

企業の持つ不安を理解しよう

企業はさまざまな不安を抱えながら求人募集や面接を行っています。

  • 自社に利益を生み出せるか
  • 社内に馴染めるか
  • 職場の雰囲気を壊したり、人間関係を悪化させたりしないか

などの不安要素があることを理解しましょう。このような不安要素を取り除けるように、履歴書や職務経歴書、面接の対策をすることで転職を成功させることができます。

年代ごとに変わる女性の転職ポイントを紹介

女性はライフステージの変化に伴い、転職することが多いです。転職する年代によって転職ポイントが変わりますので紹介します。

20代女性の転職ポイント

とにかく自分のスキルをできるだけ高めていきましょう。さまざまな資格を取得し、経験を積むことで、独自のスキルを身につけることができます。転職する際も、挑戦したいことなどを明確にして、自分のスキルを高められる企業を探しましょう。

30代女性の転職ポイント

結婚や妊娠、子育てなどライフステージの変化が最も大きい世代と言えるでしょう。プラチナくるみん認定マークを取得している企業は厚生労働省から仕事と育児の両立に熱心に取り組む企業として認定されています。厚生労働省も労働人口を増やすために認定制度を設けており、家庭を持つ女性が働きやすい環境を増やしています。そのような長期的に働ける企業に就職できるように転職活動をしましょう。

40代女性の転職ポイント

転職は非常に厳しい世代ですが、不可能ではありません。子育てがひと段落する人は、時間に余裕ができる分、勤務日や勤務時間などの幅が広がり、さまざまな求人へ応募できます。一方、これから子育てを始める方は、40代という年齢に加え、子育て中のため時間に融通が利かない場合も多く、採用条件がより厳しくなります。どちらにしても40代の転職はとても厳しくなりますので、在職中に次の職場が決まってから退職するようにしましょう。

子どもがいる女性の転職ポイント

小さい子供がいると発熱で突発的に休んだり、幼稚園や保育園の行事で休んだりすることがあります。また子供のお迎えの時間に間に合うように定時で退社でき、休みを取りやすい環境であるかが重要なポイントです。

女性が転職を成功させるためのポイント

ライフステージの変化にも柔軟に対応できる企業へ転職することが、転職を成功させる最大のポイントです。ここでは、働きやすい企業への転職を成功させるためのポイントを紹介します。

今後のキャリアプラン・ライフプランについて見直す

女性はライフステージの変化によって転職せざるを得ない状況になりやすいです。転職する場合は、結婚や妊娠、出産に理解があり、自分のキャリアを積み自分が理想とする将来像に近づける企業かをよく検討しましょう。実際に働いている女性の中で、子育て中の方の割合や子供の年齢層、子育て中で役職のある人の割合などで、働きやすさを確認することができます。今後のキャリアプラン・ライフプランについて良く考え、なるべく長期的に働ける環境である企業を選びましょう。

譲れない条件は明確に!待遇にこだわりすぎない

転職先に求める条件は挙げればきりがありません。給料や福利厚生などの待遇も企業を選ぶ条件の1つですが、あまりにも待遇にこだわりすぎると、自分の理想とする求人に出会う確率が下がってしまいます。すべての条件を満たした企業を見つけることは非常に難しいので、待遇などの条件もこだわりすぎず、絶対に譲れない条件を明確にしておきましょう。

複数の転職エージェントへ登録する

転職活動をする際、複数の転職エージェントに登録することをオススメします。1つの転職エージェントでは求人数は限られているため、より多くの求人情報を得るためにも、最低三社の転職エージェントに登録することをオススメします。

今後のキャリアを広げるために資格取得も…

転職活動を有利にするためにも、資格取得は有効です。ここではオススメの資格を紹介します。

定番!簿記検定

経理や営業、販売職、金融関係へ転職を考えている方は、企業のお金の出し入れを管理するためにも簿記検定は必須です。簿記検定は3級から1級までレベル分けされており、転職先によって求められるレベルが違います。

役立つ!ファイナンシャルプランナー

今、流行りのファイナンシャルプランナーはFPと略され、相談者の暮らしとお金に関する幅広い相談に対応します。住宅ローンや保険、教育資金や節税方法などのさまざまな知識を必要とします。

事務職なら!マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストとはExcelやWordなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格です。企業に勤めるとExcelやWordは必ずと言ってよいほど使いますので、利用頻度の高い事務職を希望する場合は取得して損はないでしょう。

不動産業界なら!宅地建物取引士

宅地建物取引士は宅建と略されている国家資格の1つです。宅建を持っていると、不動産会社や投資信託会社などで活躍しており、法律や土地、建物などのさまざまな知識を得ることができます。

子育て経験を生かして!保育士

保育士の資格は大学や短大、専門学校に通って取得する方法と、指定された実務経験を満たすことで保育士試験の受験資格を取得する方法があります。大学や短大などを卒業するだけで保育士資格を取得できる学校もあるため、学校に通って資格取得を目指す場合は、試験の有無が重要なポイントです。

プログラミングスキルを身につける

参考URL: https://web-camp.io/magazine/archives/7004
IT業界は女性が少ない業界の1つです。ITエンジニアとして働くメリットはパソコンとネット環境があればどこでも仕事ができるという点です。ライフステージの変化が多い女性にとって、会社でも自宅でもカフェでも仕事ができる業種は長く続けられる魅力的な仕事の1つです。

転職成功の鍵は自分のスキルを持つこと

単純作業が多い一般職や事務の求人が減っている現実をご存知でしょうか。誰でもできることではなく、独自のスキルを持つことが、転職成功の鍵となります。

事務・一般職は今後消えていく?!

労働人口の減少に伴い、企業の利益を生まない事務や一般職に充てる社員を減らし、その他の有益な業務に社員を割り当てるようになってきました。AIの進化に伴い、単純業務は人員を割かず自動化を目指す企業が増えています。

女性が転職を繰り返してもキャリアを積むことはできる

転職すると、今までと違う業務に携わり、たくさんの人と出会います。

結婚や出産などで転職を繰り返したとしても、そこで得た経験や新しい価値観は自分の武器となります。

新しい環境に適応するためコミュニケーションスキルが向上し、新しい価値観を知るため顧客獲得の戦略に役立ちます。女性が転職を繰り返したとしてもキャリアやスキルを積むことはできます。

理想のライフワークバランスで働く女性の転職 まとめ

女性はライフステージの変化に伴い、理想のライフワークバランスも変わるため、その都度、転職することは仕方ないと思います。

転職活動を通して、自分の好きなこと、苦手なこと、守りたいものなど見つめ直し、一番大切なことは何かをとことん追求してください。その時必要な自分の環境や今まで培ったスキルが、企業の求める人材とマッチングすることで、理想の転職先が見つかります。

「結婚や子育てなどデメリットばかりで転職できない」とあきらめずに、理想のライフワークバランスで働けるように、転職活動を乗り切りましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です